鹿港澄悅商旅-Joy Inn
Instant Booking

澄悅緣起About Us

Joy Inn 澄悦ビジネスホテル
大昔、台湾中部にある伝統文化を持つ町と呼ばれていた鹿港は、磊泰建設会社により、世界有名なスターバックスを鹿港に出店し、2017年から澄悦ビジネスホテルまで建て、楽しい旅としてニューイメージをスタートしました。
お客様に澄悦を始め、自由、リラックスのような気持ちで旅行時間を楽しむことを与えます。
澄悦(Joy Inn)は我が家にいるような気分で ゆったり感を与え、いつも笑顔で一杯のあなたに、お客様の満足を差し上げます。
澄悦-あっさりとした喜びを顔に浮かぶ楽しさを一目瞭然
澄悦はお客様の最高級のトラベルクオリティをターゲットに
JOY-喜び
来訪の方々に 旅のど最中でも、いつでも親友たちとの楽しく過ごす喜びのリアルタイムを提供させて戴きます。
Joy Innに入った瞬間から、インジョイ(ENJOY)とは、澄悦最大の使命です。

館内サービス・施設Caring Services

  • 駐車場
  • 旅行ツアー予定企画
  • タクシー/ハイヤー用意サービス
  • アイロン/クリーニングサービス
  • ファックス/コピー/プリントサービス
  • クレジットカード利用
  • フロント無料充電サービス
  • ベビーベッド/:ベビーバスタブ 消毒済哺乳瓶 ベビーバスタブ(事前に申し込みのみ貸出可能。)

交通資訊Transportation

地圖下載

自動車利用/ Drive

北から:国道1号線彰化IC →県道142号線→彰鹿路8.4KM→中正路1.6KM→澄悦ビジネスホテル(スターバックスの裏)

南から:国道1号線浦鹽IC →台67号線→青雲路→彰鹿路(県道142号線)→中正路1.6KM→澄悦ビジネスホテル(スターバックスの裏)

在来線利用/ Transport

台鉄(在来線):在来線で彰化駅 →バス(彰化客運)6900号、6933号、6934号、6936号(台湾好行⇒鹿港行) 鹿港行→鹿基分院駅下車→徒歩約3分

高鐵(台湾新幹線):台中烏日駅下車 →彰化バス(CHANG HUA BUS)乗で「6933号 鹿港-彰化-台中」搭乗→鹿基分院駅下車→徒歩約3分

バス:統聯(UBus)バス 、中鹿バス(Chung-Lu BUS TRAFFIC)、彰化バス(CHANG HUA BUS)で鹿港行き→鹿港駅下車→徒歩約10分

周辺スポットScenic Spot

鹿港天后宮

鹿港街鎮の発展中、天后宮と龍山寺は街鎮の南と北に分かれてありました。そのため、天后宮の主な神マーズゥー(媽祖)は航海の守り神と呼ばれ、廟を建設する際にも港の近くに建て、行き来する船舶に、ご加護があるように願いました。天后宮からは鹿港の天街(中山路)の北側を見ることができず、廟の大門は「坐辰向戌兼乙辛分屬土、雷澤歸妹卦二爻」とあるように、廟は東南東から西北西の方角に建ってました、廟門前は丁度台湾海峡の向かいにあり、廟は民間芸術による殿堂であり、廟は地元の財力・物資・一番良い職人が結合して完成しました。

廟の中の装飾を見れば先代から伝承した期待と努力が伝わってくるように見えます。『入廟看廟門』とあるように、廟の門は彫刻の重点でした。同じく廟外のシンボル門・天后宮の三川殿の石の窓のすかし彫り・龍と虎の石彫り・丁寧な彩色画、そして木の彫刻は全てじっくり職人技術を見る価値のある物ばかりです。

鹿港文武廟

青雲路にあり、左に文開書院、真ん中に文祠、右に武廟となっており、合わせて文武廟と呼ばれています。文祠には文昌帝君(ぶんしょうていくん)学問の神様を備えています。武廟には関聖帝君(かんせいていくん)商売の神様、武神と呼ばれ、三国志演義の桃園の誓い場所とも呼ばれています。受験合格及び義士たちが正義に対する凛々しさを求めています。

鹿港龍山寺

現在の鹿港龍山寺は、当時「台湾の紫禁城」の異名を取ったほど、台湾に残る清朝の建築物では最高の建物だと言われています。北宋の宮殿を模したという建築様式は、優美で独特な格式あるお寺として知られ、現在は「一級古跡」にも認定されています。「唵嘛呢叭彌吽」という碑によって残されています。

鹿港老街

賑やかだった中山路には、「不見天街」と言われる屋根が通路に大きくせり出した建築物が並んでいます。鹿港は海が近いことから風も強く、屋根は風が運んでくる砂を防止する役割もあったようで、多くの家の屋根がそんな感じだから、上を見上げても空が見えない「不見天街」(空が見えない街)とも呼ばれました。大有街、瑤林街と埔頭街は、古の鹿港商業の中心地で、古蹟保護エリアにもなっています。レンガ色の道を歩くと、人力車はのんびり進み、人々はゆっくりと歩いているので、自然とナビの歩みも遅くなってきました。

と、歩みが遅くなるのは、建物をじっくり眺めてしまうからでもあります。門構えには、魔除けの意味合いも込めて、いろんな植物や動物などが描かれていたり、彫られていたりします。これらは他方の老街にもよくある光景ともいえます。

民俗文物館

鹿港民俗文物館(略称:鹿港民俗文物館、英文名:Lukang Folk Art Museum;鹿港現地語:大和大厝、民俗館)は、彰化県鹿港鎮鹿港大通り裏手の路地に位置し、その前身は台湾五大家族の一つである鹿港辜家・辜顕栄旧居でした。

1913年(日本大正三年)に建設が始まり、6年後の1919年(大正八年)に完成しました。1920~30年代、辜顕栄が栄華を極めた時期で、「洋楼」は国際接待大会議ホールとして、日本の皇族、政府役人、貴賓及び台湾の地方の名だたる名士達が多く往来しました。当時、大会議ホールに飾られていた彫刻品は大変精巧な素晴らしいもので、どれも鹿港の工芸師によって作られた芸術品です。 現在鹿港の彫刻技芸の伝統は失われつつあります。

台湾玻璃館

台湾ガラス館は「台明」という会社によって彰浜工業区内に創設された。ガラスで作られた芸術ガラス、生活用ガラスと工程用ガラスなどが中心に展示されている。このガラス館は二階部分が博物館になっており、様々なガラス製品やガラス工芸を見ることができます。ライトアップが始まる前、昼間にぶらりと寄ってみるのもおすすめです。

白蘭氏(BRANDS)健康博物館

「一生寄り添う健康のパートナー」を企業の使命とする白蘭氏-マレーシア商食益補国際によって設立され、白蘭氏(BRANDS)180年以上の歴史を持ち健康食品メーカーです。人々の健全な健康を与える存在と呼ばれています。白蘭氏(BRANDS)健康博物館は彰化鹿港に設け、マルチメディア展示やインタラクティブ式の設備で、健康に至る旅体験を案内しながら、概念も分かりやすいです。

リボン観光工場

リボン観光工場には、様々なカラフルなリボンが展示され、リボンの製作方法が紹介されています。

リボン観光工場を訪れ、台湾の伝統産業の製造プロセスを知ることができます。 繊維の統合された生産プロセスを探求し、伝統的な産業の活力を体験することができます。

鹿港芸術村

清朝統治時代は主な貿易の河道であり、栽培されているキンモクセイの香りのために、桂花巷という名が付き、現在では桂花巷芸術村となっています。歴史と文化的意義を持つ彰化鹿港町で、日本統治時代、廃棄された宿舎から和風民宿に改装し、現地特色とアートスタイルを加えています。定期的にイベントを開催され、アートエネルギーを育ちながら、新しく観光スポットとして活躍しています。

聯絡我們Contact Us

 

請詳填以下資料,專員將迅速與您連繫